スロットで100万稼ぐための技術と思考

スロット(パチスロ)って勝てるの?

このレポートは、

●何かしら効率よく稼げる方法を探している人。
●「スロット」をただのお金を使うだけのギャンブルだと思っている人。
●「スロット」で、どうにかして勝ち方を覚えたい…と思っている人

こういった方々に送るレポートです。

自分は、以前スロットだけで生活費を稼ぐ、いわゆるパチプロをしていました。
その他に、仕事もバイトもしていませんでした。

その時の時給は約2500~3000円程度。

バイトをするよりも、圧倒的に効率良くお金が稼げた事。
そして、時間に融通が利いた事が大きな理由でした。

ハッキリ言って、スロットでお金を稼ぐ事は、全く難しい事ではありませんし、特別な技術も必要ないです。

真面目に稼ごうと思っている人であれば、ほぼ100%稼げますし、知り合いのパチプロでは1人年間600万円以上稼いでいる人も普通にいます。

スロットはただの運で遊ぶだけのものではなく、お金を稼げるツールである事を伝えるために、このレポートを作りました。

時給4000円の実践稼働データを見てください

スロットで勝つために必要な事。

それは…

●簡単な勉強
●お金と資金管理能力
●ブレないメンタル・精神力

これだけです。

パチスロ(スロット)で勝つには、難しい計算などは一切ありません。

簡単な勉強で、
初月から数十万稼ぐという事も可能になってきます。

ではまず最初に、自分のスロット稼働データをお見せします。

※スロット収支 グラフ
スロットで100万稼ぐためのスランプグラフ

※Excel形式データ(PCでダウンロードして下さい)
スロット実践データ

直近1000台のデータですが、稼働時間だけで時給4000円越え。
パチンコ店の移動時間を含めても3000円越えてます。

スロットで時給2000円以上を稼ぐという事は、
全く難しい事ではないのです。

グラフも長期的に見ると完全に右肩上がりですね。
負けようがない…ってのがわかります。

遊ぶためのスロットはギャンブルですが、
稼ぐためのスロットはギャンブルではありません。

時給2000円以上を稼ぐ「稼働」という作業なのです。

勝つのに運や小細工は必要無い

スロットで勝つために、何か裏技があると思っていませんか?

ハッキリ言って、そんな小細工的なものは無いです。

また、
誰よりも幸運を呼び寄せる方法……
…なんてのも存在しません。

勝つためには、運も小細工も必要とせずに、ただ必然的に勝つだけ。

不正をするわけでも無く、真っ当なやり方です。

もちろんスロットで稼ぐために最低限の知識は必要ですが、
パチンコ店に行った事の無い初心者の人でも、初月から結果を残すことは十分可能です。

教える事を100%実行すれば、スロットで負ける人はいなくなると思います。

問題は、その事を最後までしっかり実行できるか!

この精神力と行動力にかかっています。

それでは、明日からはスロットで勝てる仕組みについて教えようと思います。

運は関係無い!期待値プラスの台を打ち続ける

期待値の概念

勝つためのスロットを行う上で気を付けたい所は、必ずしも毎回100%勝てるというわけではないという事です。

多少は運によって結果が左右はされます。
しかし、何回も試行回数を重ねるうちに、トータルで勝てるという事を覚えておいてください。

どんな運の強い人でも弱い人でも関係無いです。

物事には「期待値」というものが存在します。

これはつまり「平均値」であり、試行回数を重ねれば必然的にその値に落ち着いてくるという事です。

例えば、スロットで期待値が+1000円の台があったとします。

その台を打った時、+3000円の結果の時もあれば、-2000円の結果の時もあります。
+10000円の時もあれば、-8000円の時も、+30000円の時だってあり、その時の結果は運によって様々です。

しかし、回数を重ねれば重ねるほど、誰が打っても平均値に落ち着いてきます。

運に左右されず、必然的に収束するんです。

スロットで勝つためには、
運は関係無い。

この事をしっかりと頭に刻み込んでおいてください。

サイコロで期待値を実感

「期待値」はサイコロで実感できます。
試しに、サイコロを何回も振って、その平均値を出してみて下さい。

サイコロの期待値は3.5
です。
(1~6までを足して6で割ると3.5になる)

よって、サイコロは何回も振っていると、平均値(期待値)は3.5になります。

数回の試行では平均は定まらないですが、
何百回も振っていれば、いずれ3.5に落ち着きます。

これが、運に関係なく、期待値に収束するという事ですね。

期待値プラスの台を打つ

スロットで勝つには、この期待値がプラス収支の台を狙って打ち続ける事。
たったそれだけです。

どんなに運が悪くて最初はマイナスでも、
期待値がプラスなので、いずれトータルはプラスになります。

サイコロを振った時も、最初は1や2が偏る時はありますが、最終的には3.5付近に落ち着きますよね?

スロットでは、高設定を狙う設定狙いと、天井狙いなどのG数狙いがありますが、いずれも期待値がプラスの台を打つという手法は変わりません。

ダメなパターンは、正しい期待値プラスの台を打ってるのに、たまたま一時的に負けているからと言って、期待値プラスの台を打つ事をやめてしまう事です。

一時的にマイナスであってもプラスであっても、期待値プラスの台を結果に関係なく打ち続ける事こそが重要です。

間違っても、期待値マイナスの台を打って勝ったりしないで下さいね。

そうなってしまっては、
何が正しい立ち回りか、混乱してしまいますから。

では次は、
期待値プラスの台を打ち続けるために、最も簡単な方法を教えていきます。

勝つのに最も簡単な方法は?

前回は期待値について書きましたが、
今回は具体的な期待値プラスの台をを打つ方法について書きます。

天井狙いだけの立ち回りを徹底する

今のスロットには「天井」というものが存在します。

設定に関係なく天井G数に到達すれば、それだけで恩恵が受けられます。

G数が天井に近いだけで、どんな台でも期待値がプラスになるという事ですね。

スロットで負けないためには、とにかく天井G数狙いだけをやって下さい。

初心者は高設定を狙う設定狙いなどをやってしまいがちで、良く出玉が出てる台やよく当たってる台を打ってしまいがちです。
しかし、それは厳禁です。

もちろん高設定を狙う勝ち方もありますが、設定狙いはリスクが大きく、設定状況などを見つけにくい事からも初心者にはお勧めしません。

天井狙いなどのG数狙いに関しては、ハマリ台さえあればほとんどの機種で稼働をする事が出来ます。

場所や環境に左右されにくい事からも、まずは天井G数狙いで勝てるように下さい。

天井狙いの方法

天井狙いをするには、各機種の天井情報を知らなくてはダメです。

それだけではなく、データカウンターの見方、店舗の立ち回り方など、様々なコツが必要です。

単純にハマリ台だけを探していても、思うように期待値が取れない理由はそこですね。

天井狙いの立ち回りや、スロットの勝ち方全般についてをまとめた教材を作ってます、
詳しくはこれを見て立ち回ってみて下さい。

以前は29,000円だった教材ですが、
現在19,800円にて販売中!

この金額は、1日稼働するだけで元を取れる金額です。
天井狙いの精度を上げたい方は、ぜひお勧めします。

Slot college ~スロットカレッジ~

遊び打ちは絶対禁止

多くの人が負けてしまう理由が、適当な台を勝てる根拠もなく打ってしまう事です。

「この台は今日出ているから勝てそう」
「この台は負け続けてるからそろそろ出るだろう」
…そういった根拠の無い行動は絶対にいけません。

最初は、
天井G数狙い以外の事はしないで下さい。

どんな事があっても、
トータルで100万プラスになるまでは、天井G数以外の事は絶対にしない事です。

天井狙いで期待値プラスの台を打っていても、負ける日もあります。

その時に緊張の糸を切らさず、絶対に遊び打ちをしない事。

打ち続けていればトータルでは必ずプラスになりますので、一時的に負けても腐らない事、一時的に大勝ちしても調子に乗らない事。

殆どの人は一時的に負けると、躍起になって期待値に関係のない遊び打ちをしてしまいがちです。

必ずメンタルをしっかり保って、どれだけ負けても必ず天井狙いで期待値プラスの台を打ち続けてください。
そうすれば、必ずトータルではプラスに転換します。

パチンコ店に行って、天井狙いで打てるハマリ台が無い時も同様です。

特にパチンコ・スロットで今まで負けてしまっていた人は、勝てる根拠の無い台、期待値の無い台を打つ癖がついています。

何のアテもなく空いてる新台に座ったり、出玉が出ているように見える機種のシマで打ったり……、ですね。

必ず、天井狙いでハマリ台を打つという癖をつける事を忘れないで下さい。

次回は、天井狙いで期待値プラスの台を打ち続けたデータについて解析していこうと思います。

小さく負けて、大きく勝つ!

それでは、天井狙いで打ち続けるとどういった結果が得られるか、
具体的なデータを元に説明していこうと思います。

天井狙い結果・差枚数別データ

実際の天井狙い3923台の稼働結果を、差枚数別にまとめました。

平均差枚数 +89枚
勝率 37.9%
+1000枚以上 246台 6.3%
+900~999枚 24台 0.6%
+800~899枚 36台 0.9%
+700~799枚 37台 0.9%
+600~699枚 43台 1.1%
+500~599枚 73台 1.9%
+400~499枚 60台 1.5%
+300~399枚 127台 3.2%
+200~299枚 182台 4.6%
+100~199枚 242台 6.2%
+1~99枚 417台 10.6%
0枚~-99枚 841台 21.4%
-100~-199枚 719台 18.3%
-200~-299枚 288台 7.3%
-300~-399枚 179台 4.6%
-400~-499枚 113台 2.9%
-500~-599枚 83台 2.1%
-600~-699枚 60台 1.5%
-700~-799枚 48台 1.2%
-800~-899枚 35台 0.9%
-900~-999枚 28台 0.7%
-1000枚以下 42台 1.1%

こうやって見ると、一番多い結果は0~-99枚のマイナス収支です。
次に多いのも、-100~-199枚のマイナス収支ですね。

つまり、
4割近くがチョイ負けの結果に終わってます。

勝率も37.9%と、半分以上マイナスになる結果です。

しかし、このデータをトータルで見ると、
平均差枚数は1台あたり+89枚になっています。

1回打つごとに負ける可能性は高くても、
トータルでは勝ってるという事ですね。

これは、
負ける回数は多くても大きく負ける事は無く、
勝つ時は大きく勝つため、平均がプラスになってるという事。

つまり、期待値がプラスであるという事です。

-1000枚以下の負けは1.1%しかないのに対し、
+1000枚以上の勝ちは6.3%もあります。

しかも、+1000枚以上の勝ちの中には、+5000枚+10000枚などの結果も含まれています。

だからこそトータルで見るとプラスになっているわけです。

こういった風に、
勝率50%以下であっても、期待値が上回っていれば勝てるという事になります。

天井狙いの稼働をする上でも、負ける台数が多くても気にしなくも良いという事ですね。

負ける回数が多いと嫌になってしまうかもしれませんが、
トータルではプラスに収束するって事をしっかり頭に入れて立ち回りましょう。

負け組がやってしまう、スロットで負ける立ち回り

特に初心者がやってしまいがちな、「負ける立ち回り」について書いていきます。

1つでも当てはまってる人は改めるようにしましょう。

いち早く新台に飛びつく

ホールに入ると、新台で空きがあるとついつい座って打ってしまう人はいませんか?

何の理由もなく座っているのなら、まず期待値はマイナス。
つまり、負ける立ち回りをしています。

新台は稼働率が良く、出玉も出ているように見えます。

基本的に稼働率さえ良ければ、負けている台でも出ているように見えますからね…。

また、ホールも新台をメイン機種としておいてアピールしています。
殆どのホールは何の根拠も無しにアピールしてるわけです。

稀に新台に高設定を入れるホールもありますが、
基本的に、ただ新台という理由では、期待値プラスにはなる事はありません。

少なくとも、
初心者や、スロットで負けている人達は、
絶対に新台だからという理由で台に座らないで下さい。

また、空き台が1つあったりすると、ついつい台を取られそうな気がして座ってしまったりします。

新台をこぞって打ってる人達を始め、
パチンコ店にいる人たちは8割以上負け組です。

基本的には、他人の流れについていかないようにしましょう。

夜遅い時間に打つ

サラリーマンや日中に仕事のある人は、夕方からの稼働になる事が多いと思います。

しかし、閉店間際の時間にAT機やパチンコMAXタイプの機種を打つ行為は、自殺行為です。

AT機やパチンコの確変などは、一度出てしまうと通常時に戻るまでずっと出続ける機種が多いです。

その間に閉店してしまうと強制終了になるわけですから、これは大損以外の何物でもありません。

閉店10分前にスロットのAT・ART機の通常時を消化している……など、お金を捨てているようなものです。

閉店間際に意外とそういった人を見かけるので、これだけは絶対にやめたほうがいい行為ですね。

ヤメ時での未練打ち

天井狙いをしていて、ヤメ時でしっかりヤメられないパターンです。

最適なヤメ時で、台を移動せずに理由もなくズルズル打ってしまう事ですね。

天井狙いでは、ヤメ時こそが最も重要で、ハマリ台を打ってもヤメ時を間違えると期待値マイナスになってしまいます。

特にメダルがちょっと余ってるからと言って、意味なく消化してしまう事はヤメましょう。

ほんの一握りのメダルでも、それは期待値に影響してきます。
徹底的に正しい立ち回りをするという事を忘れないようにしましょう。

天井狙いの狙い方やヤメ時については、教材の方で詳しく書いてますので、参考にしてください。

Slot college ~スロットカレッジ~

スロットで稼げる金額と資金管理

今回は資金管理についてです。

最初に言った通り、稼ぐためのスロットはギャンブルではありません。

よって、資金管理や計画性が大事になってきます。

スロットで稼げる時給

実際にスロットだけで生計を立ててる「スロット専業者」は、日本全国にかなりの数が居ます。
その人たちの稼働時間当たりの稼ぎ額は、ピンキリですが、時給1500円~3500円程度。

環境や能力差次第ですが、
ここで勝ち方を学んだ人達には時給2000円以上を稼いでもらいたいと思っています。

時給2000円のアルバイトというのはめったに無いです。

丸一日稼働して20000円。
少なく見積もっても15000円。

月に40~50万の稼ぎも決して難しい事ではなく、一般的なアルバイトよりも多くの稼ぎを得る事が出来ます。

それによって、普段の生活にも余裕が生まれる事でしょう。

他に仕事をしながらでも、空いた時間に打てるのもメリットです。
副業として、たまに打ちに行くだけでも十分小遣い稼ぎになりますね。

スロットで100万を稼ぐという事は、ハッキリ言って簡単な事なのです。

稼ぐために必要な資金と管理

スロットを打つためには当然資金が必要です。

期待値プラスのものに対して資金を使うわけなので、一つの投資と言っていいですね。

先日述べたように、スロットは勝てる方法を実践していても、一時的に負けが込む事もあります。

だからこそ、
打つためにはある程度の資金的余裕が必要。

一般的に正しい立ち回りをしていれば、
20万円以上負けが込む事は少ないです。

基本的に最低20万円程度は常に余裕を持っておきましょう。

一番大事なのは、天井狙いの途中で資金切れなどを起こさない事。

期待値があるのにもかかわらず、途中で捨ててしまう事になりますからね。

天井狙い1回で、3~4万円ほど投資をする事もあるため、
常に財布の中の資金は切らさないようにしておきましょう。

本当の事を言ってしまえば、20万の資金が無くとも、4万あれば1回の天井狙いで資金切れを起こす事はないため、資金4万でも天井狙い稼働をしてOKです。

4万を切ったらまた補充…という形にすればいいですからね。

ただ、やはり一時的に負ける可能性はあるため、メンタル的な余裕を考える上で20万円の余裕はあった方が良いという事です。

一時的に勝った金は稼ぎ額では無い

スロットを打っていると、たまに1日打って10万勝ったりする事もあるでしょう。

しかし期待値稼働であっても、大勝ちした分の勝ち額は本当の価値額ではなく、その日の期待値分が勝ち額です。

なので、大勝ちした時にその勝った分のお金を使わない事。
いずれ負けが込む時期も来て、最終的には期待値に落ち着きますからね。

負けても腐らず
勝っても調子に乗らず

…というのが、正しい期待値稼働を続けるコツです。

スロットで使うための資金は、あればあるほど余裕があっていいと思います。

個人的には、50万円ほどは常に余剰資金としてスロットのためにストックしておくといいと思いますね。

収支メモの重要性

スロット稼働をする時、絶対にやるべき事。

これは稼働の収支をメモする事です。

必ず、その日に何を打って収支はどれくらいだったか、出来れば1台ずつのメモをしっかり取ってください。

これは初心者ほど、勝ってない人ほど、やらなければいけない事だと思います。

自分はパチンコもスロットも最初からすべてデータを取ってます。

どの機種を打ったか、
どれくらいの時間打ったか、
プラス、マイナス何枚になったか、

このデータを付ける事が、メンタル面で必ずプラスになります。

これが不思議と、
収支を付けてる人で、負けてる人って聞いた事ないんですよね…。

遊びじゃなく、それだけ真剣に勝ちに行ってるという証拠だと思います。

これが遊びで打ってるようだと、データを取る事よりも、目先の欲望に目が行ってしまうんでしょうね。

面倒かもしれませんが、必ず行ってください。

最低でも、打った台の差枚がプラスマイナス何枚になったかは必ず記録しておいてください。
それが認識できてないと、一時的に負けてる時に立ち回りがブレてくるんで…。

データを取っておくと成果がわかるので、やる気にも繋がります。

自分の稼働を見直し、良い所悪い所を認識し、無駄な遊び打ちなどの抑制にも繋がるのです。

自分はスマホでメモって、エクセルでデータ管理しています。

自分が取ってる、エクセルデータ管理のテンプレートは

読者限定特典(パスワード 29den)
にあります。

ぜひ有効活用してください。

効率良く拾える天井狙い、立ち回り方法と勉強方法

今回は天井狙いの立ち回り方法について書いていこうと思います。

天井G数狙いで必要な情報

天井狙いの立ち回りをするためには、まず天井情報や狙い目・ヤメ時を調べる必要があります。

こちらのサイトで、各機種ごとに狙い目やヤメ時を記述してるため、参考にして下さい。
http://29den.com

今は初心者が勝ち組になるチャンス!

機種のラインナップや時期によっては、稼ぎにくい時もあるにはありますが、
時給2000円以上で稼いでるパチプロはまだ星の数ほどいます。

これからスロットもだんだんと稼ぎにくくなっては来ると思います。

しかし今はまだ、
時給2000円以上で稼げるスロットは、最も手っ取り早く稼げる副業の一つなのです。

特に、スロットに天井性能が付いてる今は、
初心者や負けてる人が、スロットで勝ち組に成るチャンスの時期でもあります。

これが、設定狙いしか勝てる要素が無くなってしまう時期になると、
初心者が勝つ事自体難易度が高くなってくる可能性があります。

一度負ける癖がついてしまうと、いつまでも遊び打ちをしてしまいます。

しかし、
期待値稼働で勝つ癖をつけると、今後も勝てる稼働が身に付いてきます。

少なくとも、一度勝ち組に回った人は、二度と負ける稼働は出来なくなると思いますね。

天井狙いで台を拾える人と拾えない人

天井G数狙いは、ハマってるG数を打つだけ……と思ってはいませんか?

天井狙い一つの立ち回りでもうまい人と下手な人では大きく収支に差が付きます。

全く同じ地域でも、うまい人は朝から晩までいくつも台が拾う事が出来るのに対し、下手な人は全然台が拾えなかったりします。

同じ稼働時間でも、拾える台の質や数が変わってくるため、取った期待値量にも大きな差が出来ます。
もちろんそれは収支に直結しますね。

初心者が拾えない…と思ってる状況下でも、
立ち回りの上手い人は、期待値のある台を拾えます。

それは自分で拾える環境を見つけ出す上手さです。

天井狙いで思ったように期待値のある台を拾えない人は、いつもまでも効率の悪い立ち回りをし続ける場合があります。

そして、
「スロットは効率よく稼げない…」
という結論に達し、諦めて挫折していくのです。

天井G数狙いでうまく立ち回るためには?

最初にも言ったように、スロットで稼ぐのはそんな難しい事ではありません。

しかし、効率化を求めたり、より良い立ち回り方を身に付けるのはコツが必要です。

その辺を覚えないと、
いつまで経っても打つ台が無い……といった状況になり、
最悪の場合、打つ台が無くて遊び打ちに走ってしまう可能性もあるかもしれません…。

自分が作った教材では、スロット天井狙いで効率良く稼ぐ方法と、その勉強法をより詳しく、すべてのノウハウを出し尽くして書いています。

初心者のためのスロットの基礎、
そして、さらなるステップアップとしての設定狙いの立ち回りまでを学べます。

以前は29,000円だったこの教材を、
限定で19,800円にて販売中です。

19,800円の期待値は、1日稼働するだけ取れる期待値ですので、
天井狙いの精度を上げたい方はぜひお勧めしています。

Slot college ~スロットカレッジ~

スロットで年収600万以上勝つために
スロットカレッジ

Slot college ~スロットカレッジ~の教材では、チャットでの直接サポートなども行っています。
立ち回り相談や質問など、いつでもお待ちしています!

コメントを残す

このページの先頭へ