2015年10月14日(水) ギャンブル2

100万馬券的中証明書「万馬券的中!」に一言物申す

100万馬券的中証明書

今年の競馬も本格的に秋のG1シリーズが近づいて参りました。

今年はとりあえず有馬記念は見に行きたいと思ってますー。

馬券についてですが、地味にちゃんと毎週購入しています。

今年の馬券収支はこんな感じ▼

投資額 5,964,600
回収額 6,027,490
合計 +62,890 回収率 101%

辛うじてプラス収支…。

ちょっと下ブレしてるかな…って感じで、まぁ長い目で見れば105%くらいだと思います。


ところで、競馬新聞とか競馬中継とか見てて思うんですが、
当たったかハズれたか…しか書いてないですよねー。

「万馬券当たりました!」

「10週連続的中!」

いやいや、回収率は!?
って、いつも思います。

いくら的中率が低くても、回収率がプラスなら問題ないんですから、回収率をしっかり書いてほしいですよね。
なかなかそういう競馬新聞とか少ないです。

当たったか外れたかなんてどーでもいいんですよねー。

例えば、
「オッズ100倍の万馬券当たった!」
って言っても、100円づつ100点買っていたら、プラスマイナスゼロですから。

パチンコスロットなどを打ってる人や、経営者なら、そういった所に気づくと思いますが、
一般人はなかなか「トータル収支」「回収率」って所に気づかないと思います。

やはり世の中に発信して共感を得たり、売り上げを上げたりする必要があるものは、インパクトのある書き方するものです。

それが一番、仕事として効果が出るし、それを生業としているわけですからね。

ただし、いくらインパクトがあるからと言って、人に勘違いを与えてしまうような書き方はどうなのかな…
…って、個人的には思います。

確かに、その時点ではインパクトを与えられるとは思いますが、結局後で勘違いという事が発覚すると、その発信者の信頼感を失う事になると思います。

反則行為を犯して、後でペナルティを課せられるような感じですよね。

競馬の例については、そこまで重い話ではないですが、セールスの中には行き過ぎた例もあります。

一時的なインパクトを与えられても、長期的な信頼感を失う事の方がマイナス面は大きいと、個人的には思いますね。

馬券についてのメルマガ講座、配信中です!
回収率が20%UPする馬券講座

▼人気ブログランキング・応援クリック▼
ランキングUPのため、下のバナーを一日1クリックして頂けると嬉しいです!
29college・29カレッジ
  • 稼ぐ力を学ぶ無料講座
    最新版はこちらから無料登録出来ます
    ポイントサイトで稼ぐ極意 誰でも出来る!ブログ収益化講座 時給10000円を目指す人のFX投資講座 スロットで100万稼ぐための技術と思考 パチンコで勝つための基礎無料講座 回収率が20%UPする馬券講座

    2件のコメント

    1. ゆうご より:

      確かに、そうですよね。
      いくらインパクトが有るからって、それじゃ詐欺同然ですね。
      自分は競馬知らないですが。

      • たけし より:

        町中でもよくそういうのは見かけますよね。
        ファーストフード店とか回転ずしとかのメニューの写真とか、明らかに現実のより持ってますしねw

    コメントを残す

    サブコンテンツ
    プロフィール
    スロット・パチンコ 交換率(換金率)等価店検索

    このページの先頭へ